ニュース

ホーム > ニュース > 【学生の皆さんへ】学長メッセージ 「うつらない!うつさない!」を念頭に、有意義な夏休みを/Message to all students from President of Okayama University for enjoying summer vacation without infected and spreading COVID-19

【学生の皆さんへ】学長メッセージ 「うつらない!うつさない!」を念頭に、有意義な夏休みを/Message to all students from President of Okayama University for enjoying summer vacation without infected and spreading COVID-19

***English follows Japanese***
学生の皆さんへ
岡山大学      学長 槇野 博史 
 今回の新型コロナウイルス感染拡大に伴い、皆さんの生活も含め世の中の様々なことが目まぐるしく大きく変化しています。また、この先どのようになるのだろうかということも十分見通せない状況です。学生の皆さんは、不安な思いでこの数か月を過ごされたことと思います。
 しかしその中で、私たちは、皆さんに寄り添い、安全・安心なキャンパスライフが送れるよう最大限取り組んでまいりましたし、そして今後も学生の皆さんの学びをできる限り保証・支援する取組を継続していくことをお約束します。
 8月11日から夏季休業(夏休み)が始まります。本来ですと、皆さんはいろいろな活動を予定し期待に胸を膨らませていることと思います。ところが、新型コロナウイルス感染症の感染状況は厳しさを増している状況であり、もういつ誰がどこで感染してもおかしくない状況になりつつあります。
 一人一人が、新しい生活様式としての基本的な感染対策を取り入れて、「うつらない!うつさない!」ことを念頭にこの夏休みを有意義に過ごしましょう。これは皆さん自身を守ることになりますし、皆さんにとって大事な人たちを守ることになります。
 今一度、自分を守り愛する人を守るためにはどういう行動が必要なのか皆さんと一緒に考えましょう。そのことが “with and postコロナ”の社会に備えることにつながると思います。私は岡山大学に集う皆さんと一緒に“ONE TEAM”となってこの難局を乗り切っていきたいと思っています。
 3学期からの授業については、対面による授業を増やすことが可能かどうか検討をしていますが、現状では引き続きオンライン授業を主体とした併用授業を予定しています。いずれにしても、皆さんの学習の機会は大学全体で保証します。
 夏休み明けに、元気な皆さんにキャンパスで会えることを楽しみにしております。

 詳細な注意事項を以下にお示ししていますので確認ください。
1)一般的な感染対策
2)夏休み期間中の新型コロナウイルスに対する留意点
3)コロナ関連情報に対する考え方
4)【在学生向け】新型コロナウイルス感染症対策を含めた学生生活の留意点

Dear Students

With the spread of COVID-19, various aspects in the world, including your life, are changing rapidly and drastically. We think you have spent the last few months with anxiety for uncertainty about the future.

We have exerted every effort working with all of you for continuing safe and secure campus life under trying circumstances. We promise to continue to take every measure possible to ensure and support the learning opportunities of every student.

Summer vacation starts from August 11th. Under ordinary circumstances, everyone is planning various activities and excited about their expectations. However, the infection situation of COVID-19 is becoming increasingly severe, in which anyone can be infected anywhere at any time.

Let's spend this summer vacation meaningfully, keeping in mind that each person follows the basic measures as a new lifestyle to “avoid infected or spreading COVID-19.” This will protect not only yourself but also your loved ones.

We need to consider calmly about what actions we should take to protect ourselves and our loved ones. This will lead to preparing for a society of “the Coexistence with COVID-19” or a society of “the Post-COVID-19 era.” We believe that we will overcome this difficult situation as a "One Team" with everyone who gathers at Okayama University.

Regarding classes starting from the third semester, we are considering providing more face-to-face classes, but at present, we will continue to use online classes together with careful assessment for the infection situation. We will be committed to guarantee your opportunities of the learning throughout the university.

We look forward to seeing you all on campus just after summer vacation.
MAKINO Hirofumi      President, Okayama University
1)Measures against infectious diseases
2)Message from the Governor of Okayama Prefecture
3)COVID-19: Advice and Support for Students