ニュース

ホーム > ニュース > 学長から学生の皆さんへの緊急メッセージ

学長から学生の皆さんへの緊急メッセージ

 皆さんもご存知のように、4月16日に緊急事態宣言の対象地域が全国に拡大されました。これを受けて、本学においても、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のためにキャンパスへの入構禁止を行ったほか、種々の活動制限を行っています。授業についても、4月20日から開始とし、5月14日まではオンラインのみで授業を行うこととしてきましたが、現在の状況を見ると直ちに対面形式での授業を行うことは時期尚早と判断しました。したがって、第1学期(4月20日から6月14日まで)はオンラインのみで授業を行うこととします。
 このような事態は、私たち教職員もまったく想定していなかったことですが、学生の皆さんにとっては、慣れないオンラインでの授業に不安を持っていることと思います。とくに、自宅や下宿にWi-Fiの設備が無いなど、オンライン授業への対応が困難な学生がいるとの話を聞いています。また、不要不急の外出自粛や商業活動の自粛により、学生の皆さんの中にはアルバイトがなくなるなど、日々の生活を送るのも困難になった方もいるのではないかと、心配しているところです。

 そこで、岡山大学としては、そうした困難な状況に直面している学生の皆さんを支援するため、緊急に次の措置をとることにします。

(1)オンライン授業への対応が困難な学生には、WiFiルーター、PCの貸出しを行います。
(2)日本学生支援機構の奨学金については、今回の事態を受けて、家計急変後の所得見込み等の要件を満たせば奨学金を受けることができます。また、現在国会で審議中の特別定額給付金は、4月27日現在住民基本台帳に記録されている人であれば、留学生も含め、支給の対象とされています。さらに、岡山大学としては、現在皆さんの生活状況を知るためのアンケートを行い、その上で、日常生活に困窮している学生については、追加的な生活支援を検討します。

(注意)最近、学生を狙った違法な金融業者からの勧誘が増えているようです。「お金すぐ貸します」のような話にはくれぐれも気をつけてください。
 
 上記のいずれの措置についても、詳細はホームページなどでお知らせしますので、大学からの情報を定期的に確認してください。

 今回の事態に関連して、私から皆さんへのお願いがあります。それは、皆さん自身がウィルスの感染源にならないようにしてほしいということです。新型コロナウイルス感染症の特徴として、不顕性感染者となった若者が、感染拡大を引き起こすことが知られています。学生の皆さんは、この危険性を自覚し、大人数が集まる場には行かない、不要不急の移動をしない等を厳守してください。少人数であっても集まって飲食することは避けてください。皆さん自身が「感染しない」、「感染させない」ことを意識して,行動をしてください。

 若い皆さんにとって外出を控え、様々な活動を自粛せざるを得ないことは大きなストレスだと思います。どうか一人で思い悩むこと無く、困ったことや不安がある場合は、遠慮なく大学の相談窓口に連絡をしてください。相談窓口は、全学だけでなく、各学部・研究科にも設置されています。

 学長である私も皆さんと共にこの難局を乗り超えたいと思います。岡山大学は、常に皆さんと共にあることをお約束します。

岡山大学長 
槇野 博史