ニュース

ホーム > ニュース > 環境部ECOLOによる「リサイクル市」の活動が「おかやま協働のまちづくり賞」で入賞!

環境部ECOLOによる「リサイクル市」の活動が「おかやま協働のまちづくり賞」で入賞!

 環境部ECOLOが2001年から続けている「リサイクル市」の活動が、11月23日、「第6回おかやま協働のまちづくり賞」で入賞しました。同賞は、優れた協働により社会課題解決に取り組んでいる活動に対し、岡山市が表彰するもので、今年度は「「ごみ」を減らし、「資源」で生かす」をテーマに開催されました。
 環境部ECOLOは、卒業予定の学生から家具・家電を無料回収し、新入生や地域の方々に低価格で提供する「リサイクル市」を毎年3月に開催しています。2020年は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、3月開催を見送り、9月にオンラインで実施しました。卒業生約80 人から延べ300 点ほどの家具・家電を回収し、購入した人が気持ちよく使えるように総勢16人の部員で丁寧に汚れを落として販売。ほとんどの物品が申し込み開始直後に売り切れてしまうほどの盛況ぶりでした。
 受賞を受け、2020年度部長の田中朱音さん(GDP4年、SDGsアンバサダー)は「オンラインリサイクル市では、人手が足りず苦労しましたが、役割を分担し、効率よく運営できるよう工夫しました。これまでの活動が認められて嬉しいです」とコメント。同じく、オンラインリサイクル市の企画運営を担当した小山拓也さん(文学部4年)は、「20年近く続くECOLOの活動は先輩たちが毎年積み上げてきてくれたものです。持続可能な地域活動として評価いただくことができ、活動を発信する機会にもなりました。僕たちの活動をきっかけに、活動の輪が広がれば嬉しいです」と活動を振り返りました。
 また、2021年度部長の串田光寿さん(環境理工学部3年、SDGsアンバサダー)は、「まちづくり賞の申請にあたり、リサイクル市を実際に利用した卒業生や、約10年前にECOLOに所属していた方に話を伺い、活動の歴史を改めて感じました。賞をいただいたことで、次回開催のはずみにもなりました。毎年継続していることが1年途絶えると、ノウハウを伝えていくことが難しくなりますが、来年のリサイクル市は新しさを生み出すチャンスと捉え、企画運営を進めたいと思います!」とコメントしています。

●環境部ECOLO

●リサイクル市
次回のリサイクル市は、2022年3月26、27日に開催予定です。


【本件問い合わせ先】
総務企画部 広報課
TEL:086-251-7292


(左から)田中さん、串田さん、小山さん


環境部ECOLOを代表して串田さん(左)が表彰式に参加


表彰式後の集合写真


リサイクル市の紹介パネル