ニュース

ホーム > ニュース > 「大学の地域貢献度に関する全国調査2021」で本学の順位が大幅にランクアップしました

「大学の地域貢献度に関する全国調査2021」で本学の順位が大幅にランクアップしました

日本経済新聞社が調査する「大学の地域貢献度に関する全国調査2021」の結果が、日経グローカル421号(10月4日発行)に公表されました。
本調査は、「大学の組織、制度」、「学生、住民」、「企業、行政」、「働く場としての大学」、「SDGs・コロナ対応」の5分野の回答が点数化され、本学は前回調査(2019年度)から17位ランクアップ(前回31位→14位)し、大幅に順位を上げました。
とりわけ高く評価されたのが「SDGs・コロナ対応」分野で、15点満点中14点の7位を取得しました。本学のコロナ対応の取組みである、「コロナがなんじゃ!WIN&WIN学生プロジェクト岡大生の食支援×地域飲食店の活性化」プロジェクト、新型コロナウイルスワクチンの大学拠点接種、県のワクチン集団接種会場への医師の派遣、学生への経済支援の一環としての授業料免除等が評価されました。
本学が目指す「ありたい未来を共に育み共に創る研究大学」として、これからも本学と地域の特色と強みを生かしてまいります。


<本調査の概要>
全国761大学を対象に、7月から9月に調査を実施。国立79、公立73、私立514の大学から回答を得たもの(回答率67.5%)を点数化され、その合計点数を算出したもの。



【本件問い合わせ先】
総務・企画部広報課
TEL:086-251-8415