学部紹介

ホーム > 学部紹介 > 環境管理工学科

環境管理工学科

水と緑の豊かな大地の創出を目指して

学科の特徴

 環境管理工学科では、水と緑の豊かな大地・地域空間を創出し管理していくための理論と技術について幅広い教育研究を行っています。学科の教育研究内容は、大きく自然環境管理学系、流域環境管理学系、環境経営学系に分けられます。
 自然環境管理学系では、土壌科学と植物生態学、水生動物学を通して、複雑な自然環境の仕組みを解明するとともに、その修復・保全・管理に向けた教育研究に取り組んでいます。流域環境管理学系では、水循環の仕組みや循環過程における水の適切な利用・制御・管理方法について追求します。環境経営学系は、人間活動と自然環境の接点である国土保全・地域開発・ライフスタイル創造などへ社会科学的にアプローチし、持続的社会に向けた望ましい環境管理・地域経営のあり方を探っています。
 本学科の教育全体は、日本技術者教育認定機構(JABEE)から農業工学関連分野(農業土木)で認定を受けており、国内外で活躍できる人材の育成を目指しています。
 公務員関係の就職が多いのも、本学科の特徴です。

アドミッションポリシー

求める人材
 環境管理工学科では、人間活動と豊かな自然環境の調和した地域空間の創出と維持管理を目指して、植物や土壌の諸機能、水や諸物質の循環、土地利用・公共政策・景観管理が理解できる人材育成を行っています。数学・物理・生物・化学など自然科学の基礎学力を有し、かつ人文社会科学系にも通じる幅広い視野と創造性の獲得にチャレンジしたい若者を求めています。
入学後の学修のため、特に数学と理科については、以下の科目の内容を修得していることが望まれます。
【数学:数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学B 理科:物理、化学、生物、地学から2科目】

学科のセールスポイント

①水・土・緑の環境スペシャリストへの道!
 現代の複雑で多様化した環境問題を理解し、解決するためには、多角的な視点が必要です。環境管理工学科では、自然科学、工学、生態学および社会科学の視点から、田園地帯や農村地域を主な対象として、水・土・緑の環境スペシャリストを育てます。

eme02)=


②就職に強い!!
 環境管理工学科の卒業生は、農林水産省、国土交通省などの行政官庁、岡山県庁、兵庫県庁、岡山市役所など の地方自治体、多様な業種の民間企業へと幅広い職業分野に就職し、活躍しています(詳しくは卒業後の進路をご参照ください)。環境管理工学科は、“就職”という社会へのファーストステップを応援します。

eme43)=