研究紹介

ホーム > 研究紹介 > 環境デザイン工学科

環境デザイン工学科

研究分野の紹介

1.構造・材料系


(分野)
 構造工学・耐震工学・維持管理工学、土木材料・施工・建設マネジメント

 次世代の建設・材料技術および防災技術を視野に入れて、橋梁・道路・鉄道などの都市基盤の構造設計・維持管理手法とコンクリートをはじめとした土木材料開発について教育します。


ece1)=


社会基盤、経済基盤、生活基盤を支える人のためのコンクリート
 綾野 克紀 教授(香川県立高松西高等学校卒業)

 内閣総理大臣、科学技術政策担当大臣のリーダーシップの下、科学技術・イノベーション政策を推進する総合科学技術会議が内閣府に設置され、本会議が司令塔機能を発揮する戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)が創設されました。本研究分野も、国内重要インフラの高い水準での維持、海外展開の礎を築くこと等を課題とする「インフラ維持管理・更新・マネジメント技術」に参画し、超耐久性コンクリートを用いたプレキャスト部材の製品化のための研究開発に取り組んでいます。

ece-t11)= ece-t1)=


2.地盤・地下水系


(分野)
 地盤・地下水学

 地震や地盤災害に耐えられる都市づくりをめざして、自然環境と調和した土構造物の設計や次世代の地盤探査技術について教育します。


ece2)=


土砂災害の軽減を目指して
 小松 満 准教授(岡山県立倉敷青陵高等学校卒業)

 私たちの豊かな暮らしを支えている地盤の強さは、地震や豪雨などの自然現象により大きく変化します。近年、ゲリラ豪雨などの異常気象により斜面の崩壊や河川堤防の決壊などが多発していますが、これらの災害から人命や財産を守るためには、地盤と地下水の状態を調べることが重要です。そこで、最新のセンサー技術や情報ネットワークシステムを活用した土砂災害発生の警報・解除を行うシステムの開発に取り組んでおり、一部の自治体では実際に運用を開始しています。

ece-t21)= ece-t2)=


3.水理・水文系


(分野)
 水理学、河川工学、海岸工学、環境動態解析

 河川・地下水・沿岸海洋を対象として都市周辺の広域的な水循環を理解するとともに、自然環境との調和と激甚災害への耐性を両立できる河川構造物の設計について教育します。


ece3)=


健全な水環境・水循環を考究する
 大久保 賢治 教授(大阪府立大手前高等学校卒業)

 水理・水文系では、水工学の立場で河道水理、植生抵抗、河川構造物周辺の流れ、津波氾濫解析などを行うとともに、陸水学の観点から湖沼水理、成層流体、海底・湖底湧水の負荷量評価などを研究しています。様々な流域の河川・湖沼・沿岸域における水・熱・土砂および物質収支、波動・流れや藻類生態系の短期変動と長期変遷の解析を通して、流域・都市の水環境問題、自然災害および水循環の実態解明を行っていきます。

ece-t31)= ece-t3)=


4.環境・衛生系


(分野)
 大気環境、水質学、廃棄物処理、環境システム工学

 我々を取り巻く大気・水・土壌および物質に関する環境分析・評価、汚染メカニズムの究明、環境衛生の質向上を目指した環境技術やシステム設計について教育します。


ece4)=


低炭素化を目指した廃棄物循環型社会の実現
 藤原 健史 教授(大阪府立寝屋川高等学校卒業)

 われわれの生活の営みは、太陽エネルギーをもとに自然が造り出した天然資源によって支えられています。世界人口の増大に向き合うためには、天然資源の利用を最小限に抑え、効率的な生産と無駄のない消費に心がけ、発生した廃棄物をリサイクルすることが大切であり、加えて地球温暖化への影響も最小限に留めなければなりません。当研究分野では、循環の鍵となる廃棄物について、衛生的かつ効率的な処理・資源化技術の開発や、フロー分析と制御、経済性も考慮に入れた循環型システムのデザインなどについて研究しています。

ece-t41)= ece-t4)=


5.計画・景観系


(分野)
 交通工学・都市計画、景観学・土木史

 環境やひとの生活に配慮した効率的な都市・交通計画やエネルギー低減の方法、景観や地域の独自性や歴史に沿ったまちづくりの施策について教育します。


ece5)=


持続可能な都市・地域を計画する
 阿部 宏史 教授(徳島県立徳島城南高等学校卒業)

 私たちが安全で快適かつ文化的な生活を営むためには、都市や地域の空間を構成する基盤施設や交通の計画、景観や歴史・文化資源の保全が不可欠です。また近年では、環境と人間活動の調和が求められており、環境・経済・社会の関係を総合的に考慮した持続可能な都市・地域のあり方を構想していくことも重要になっています。計画・景観系では、その実現に向けて、都市・地域計画学、交通計画学、景観論、環境計画学などの学術分野に基づく研究・教育を行うとともに、住民・企業・行政と連携しながら、計画・政策の策定やモニタリング・評価に取り組んでいます。

ece-t51)= ece-t5)=


若手教員からのメッセージ

持続可能な物質文明社会を形成するために
 環境デザイン工学科 准教授 藤井 隆史(岡山県立高梁高等学校卒業)

 私たち人間は、これまで、自然環境を犠牲にして豊かな物質文明社会を形成してきました。この豊かな生活を将来にわたって送るためには、持続可能な物質文明社会を形成することが必要です。すなわち、自然環境を護りながら、物質文明社会を維持発展させなければなりません。自然環境の保全は、すべての分野、立場の人々が考えなければならない共通の課題です。環境デザイン工学科は、土木工学をベースに環境問題を学び考える学科です。私たちが豊かで快適な生活を過ごすために必要な道路、鉄道、港湾、上下水道、廃棄物処分場といった社会基盤の整備、私たちの生命と財産を守り安心して過ごすために必要な治山治水事業、防潮堤の整備といった災害対策を行いながらも、自然環境の護るにはどうすべきか。それを考え、実行するためには、土木工学のみならず、幅広い知識と思考力が必要です。自然と共生し、将来にわたって人間性豊かな生活を営めるよう、私たちと一緒に考えていきましょう。

環境デザイン工学科